母子家庭や寡婦への無利息融資

| 融資 |

無利息で融資を受けることができる人もいます。母子家庭や、寡婦を対象として、無利息で融資を受けられるところがあります。これを使えば利息はかからないでしょう。母子家庭というのは配偶者のいない女子で、20歳未満の子どもがいる家庭のことです。今まで母子家庭で20才以下の子供を養育したことがあり、なおかつ現在は独身である女性が寡婦と呼ばれます。地方公共団体が母子家庭や寡婦に無利息融資を行っています。子育てをサポートするための制度であり、母子福祉資金や、寡婦福祉資金貸付という制度を使うというものです。この制度で受けられる融資は13種類もあり、多くが無利息で融資を受けることが可能です。無利息でない融資として生活資金、住宅資金、転宅資金、結婚資金があります。低金利で融資が受けられますので、条件はいいでしょう。生活資金に関しては1か月の融資に制限があります。技能修得中や、医療介護資金を受けている時には、融資に条件がプラスされるという場合もあります。償還期限が守れず滞納が合った場合には無利息融資でも違約金が発生するので気を付けたほうが良いでしょう。事前にきちんと情報を得て、母子家庭や寡婦家庭での無利息融資ができるか調べましょう。地方公共団体によって条件が違っていたりします。
借金地獄 脱出←こちらで債務整理などのご案内をしています。

入力のアルバイト

| 日記 |

私は現在お小遣い稼ぎサイトに登録しており、文章を作成して収入を得ています。
今はもう私は大人になりましたが、実は中学生の頃も文章を作成してお小遣いを稼いでいました。
とは言っても今やっていることとは全く違うことです。
お小遣い稼ぎサイトでもなければアルバイトでもありません。
「お手伝い」というのが正しいかも知れません。
依頼していたのは50代の男性です。
同人誌に載せる為の詩をパソコンで入力して欲しいと依頼されました。
同人誌と言うと漫画のほうを想像する方も多いと思いますが、元々の同人は漫画ではなく大人の為の文学でした。
彼もまた、詩を書くのが好きな者同士集まり同人誌に参加していたのです。
彼はパソコンもワープロも持っていなかったので、私に載せる為の文章をパソコンで入力して印刷して送って欲しいと依頼して来ました。
なんとたった1回の依頼で1000円も!
中学生の私には1000円は大きかったです。
一見簡単そうに見える仕事ですが大変でした。
彼の書く字はあの、おじさん特有のミミズみたいな字だから私は何と書いてあるのかわからない部分も多くてとても苦労したものです(苦笑)。
でも凄く有難かったです。
今は連絡を取っていませんが、今でも彼は詩を書き続けていることと思います。
http://www.visibleedge.biz/